もつ鍋の本場福岡から牛テールスープもつ鍋をお届けします「七山(ななやま)」

七山のもつ鍋とは?

もつ鍋の本場 博多で43年間愛され続ける味

もつ鍋七山の純国産牛テールスープ

鍋の底が見えるほど澄み渡ったスープ

もつ鍋の要とも言えるスープ。
七山では牛テールを使用したあっさりとしたスープを使用。煮詰め、アクを取除く、これを5日間かけて何度も何度も繰り返し、じっくりスープを作り上げます。
澄み渡ったスープは口に入れると、深いコクが口の中で広がりカラダ全体にまで染みわたると好評です。

新鮮な10種類の純国産和牛ミックスもつ

厳選した10数種類の厳選もつ

七山はモツの仕入れ先から違います。本当に新鮮ないいモツは、長年の付き合いだからこそ仕入れられるのです。
このモツを一つずつ、食べやすさとモツを噛んだときの食感がよくなるように刻みます。
ジューシーな小腸は、マルチョウの柔らかい脂を表面に出すために手間かけて切り開いていきます。他店では数種類しか入っていないモツですが、七山のもつ鍋には10数種類のモツが入り、牛テールスープと絡み合います。

佐賀県七山産 上質の薬味

上質で豊かな香りと風味

七山のもつ鍋に欠かせないのが、柚子こしょう。
風味豊かなピリリとしたアクセントで、もつ鍋の味をさらに豊かに引き立てます。
産地は佐賀県の七山村。店主の出身地でもあることからお店の名前の由来ともなっています。
背振山の雄大な自然の中で丁寧に育てられ、上質な香りと風味は癖になること請け合いです。